当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
更新日:2019年1月22日

みやぎふるさとCM大賞


 ふるさとに誇りをもち、ふるさとの活性化に結び付けたい、そんな元気な市町村を応援したいという主旨で、KHB東日本放送が主催する「みやぎふるさとCM大賞」には、宮城県内の市町村からアイデアあふれる30秒の「ふるさとCM」が出品されています。
 大河原町でも、毎年趣向を凝らした町のPR作品を出品しています。

 今回の作品は、「一目千本桜」の素晴らしさと、町にとってどれほど大切な存在なのかを伝えることをテーマに制作しました。審査の結果、特別賞「演出賞」を受賞しました。

昨年度作品


過去入賞作品

 「みやぎふるさとCM大賞(KHB東日本放送)」の番組サイトへ リンクします。(すべての受賞作品をご覧いただくことができます)

町民憲章のうた


 大河原町の「町民憲章」に親しんでもらおうと、町の式典や文化祭などにも出演していただいている、「つくしの会児童合唱団」の「細渕誠一先生」が町民憲章に曲を作ってくださいました。
 その「町民憲章のうた」をつくしの会児童合唱団の澄んだ歌声により、町の画像とともにご覧ください。
 

介護予防運動こつこつ体操


 大河原町では、椅子に座りながら気軽に運動できる介護予防運動「こつこつ体操」をストレッチと筋トレの2種作成しています。
 「こつこつ体操」の体験の場として、オーガ2階イベントホールで毎週火曜の午後1時30分~3時にスポカフェ「ふらっとほーむ」を開催しています。お気軽にご参加ください。