事業の概要

 現在の大河原中学校体育館(昭和39年建設)については、老朽化が激しいため、国の補助金「国土強靭化事業(危険改築事業)」を活用して、同一敷地内の校舎前へ新しく建替えています。また、災害時の避難所施設であることから、防災機能を有した施設として、安全で安心できる学校施設を整備します。

 整備工事は令和3年5月に着工し、令和4年4月の供用開始に向けて、現在工事が進められています。

階 数 地上一部2階建て
構 造 鉄骨造
規 模 延床面積2,101㎡ 
諸 室

屋内運動場アリーナ、ステージ、卓球スペース

(バスケットボールコート2面、バレーボールコート2面、バドミントンコート6面、

 インドアソフトテニスコート2面、卓球スペース8台分)

部屋9、トイレ3(男・女・多目的)、ミーティングルーム、放送室、体育用具室、倉庫、

シャワー室、湯沸かし室

屋外環境整備 部室兼防災備蓄倉庫、太陽光パネル、駐車場(校舎前・校舎裏)、新テニスコート場、屋外トイレ

工事の状況(工事の様子を随時お知らせします)

〇令和3年7月13日(火)

A工区(校舎側半分)の基礎配筋作業(基礎となる部分に鉄筋を組み立てていく作業)が完了し、コンクリートを打設しています。

7月13日 No.1

7月13日 No.2

7月13日 No.3

 


 

〇令和3年6月16日(水)

基礎工事(掘削作業)を行っています。

6月16日 基礎工事(掘削作業)


 

〇令和3月6月2日(水)

杭打作業が終了し、杭打機械・設備の撤去作業を行っています。

令和3年6月2日工事状況


 

〇令和3月5月19日(水)

建物を支える基礎杭を打っています。

杭打ち工事


〇令和3年5月6日(木)

安全祈願祭を実施しました。