当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
更新日:2020年5月29日

 宮城県からの要請により施設を全面的に休業した事業者又は営業時間(酒類提供)の短縮を行った飲食サービス業を営む事業者に対し、協力金を町より支給します。

対象となる要件について

  1. 令和2年4月24日以前に事業を開始し、かつ営業の実態がある事業者(大企業は除く)
  2. 令和2年4月25日から同年5月6日までの全ての期間、休業要請等対象施設の使用停止(食事提供施設にあっては営業時間の短縮)の要請に全面的に協力したこと
  3. 食事提供施設の営業時間の短縮とは、令和2年4月24日以前に午後8時~翌日午前5時までの間飲食を伴う営業をしていたお店が、午後8時までの営業に短縮することをいいます。また、酒類の提供は午後7時までです。飲食店等の食事提供施設の交付要件については、下記「飲食店等の食事提供施設への協力金の支給要件について」をご覧ください。


休業要請の対象となっていない方の自主的な休業は協力金の対象外です。

 

 休業要請の対象施設、対象外施設については下記にてご確認ください。

休業要請を行う施設・協力依頼を行う施設(具体例)

休業要請を行わない施設(具体例)

飲食店等の食事提供施設への協力金の支給要件について

よくあるお問い合わせについて(5月26日午前9時更新)

 詳しくは、「宮城県公式ホームページ」をご確認ください。

支給額について

 1事業者あたり30万円(町内に複数事業所を有している方は、町内すべての事業所が上記要件を満たした場合に1申請となります)

申請から振込までの流れ
  1. 町のホームページから協力金交付申請書兼請求書及び誓約書、食事提供施設においては休業・時短の状況届をダウンロードします。(ダウンロードできない方は役場商工観光課から入手)

  2. 申請書と添付書類を封筒に入れ、切手を貼って役場商工観光課(〒989-1295 大河原町字新南19)まで、郵送にて申請してください。

  3. 内容を審査(該当要件の確認、暴力団員ではないことの警察照合等)し、申請受理から14日前後で指定する銀行口座に振り込まれます。(国税庁の見解では協力金は課税対象となります)

申込受付期間

 

令和2年5月15日(金)~同年8月31日(月)

 

協力金の申請について

1.【様式第1号】交付申請書兼請求書WordPDF

 ○記入例(法人の場合個人の場合

 

2.【様式第2号】誓約書PDF

 ○記入例(法人の場合個人の場合

 

※食事提供施設においては、休業・時短の状況届ExcelPDF)を必ず提出願います。

 

[添付書類] 

1.営業実態が確認できる書類の写し

2.休業又は営業時間短縮等が確認できる書類(写し可)

3.本人確認書類の写し

4.振込先口座と口座名義がわかる通帳等の写し

 

※申請にあたっては、チェックリストPDF)を必ずご確認ください。

 

問い合わせ先 商工観光課 ☎0224-53-2659

e-mail: syoukou@town.ogawara.miyagi.jp