新型コロナウイルス感染症の拡大による影響により、経営に支障を受けた事業者に対し、経営及び雇用の継続を支援するため、支援給付金10万円を支給します。対象要件をご確認いただき、該当となる場合にはお早めに申請願います。

1 対象となる事業者

次のすべての要件に該当する事業者が対象となります。

〇令和2年12月1日前から町内に事業所等を有し、営業を行っている事業者(大企業を除く)で、営業継続の意思があること。

〇令和3年1月から6月までのいずれか一月の事業収入が、前年または前々年同月と比べて15%以上減収していること。

〇令和3年中に次の協力金などを受けないこと。

  (1)大河原町新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第2期・第2期延長分)

 ※令和3年4月5日から5月11日までの時短営業要請に対する協力金

(2)大河原町新型コロナウイルス感染症拡大防止に係る介護サービス事業所及び障がい者(児)サービス事業所支援給付金

(3)大河原町新型コロナウイルス感染症拡大医療機関支援給付金

〇法人においては、法人税法第4条に規定する法人税を納める業務のある法人であること。

〇個人事業者においては、令和2年分の所得税確定申告又は住民税申告を終えており、全収入の2分の1以上が事業収入であること。

〇代表者、役員、従業員等が暴力団員に該当していないこと。

*対象要件についての詳細・チェックリストはコチラ

2 支給額

 1申請につき10万円(町内に複数事業所を有する場合、同月の事業収入の合算により対象要件を備えた場合には1事業者としての扱いになります。)

3 申請様式

〇【様式第1号】 申請書兼請求書

Word(31KB)  PDF(342KB)           記入例PDF(80KB)

〇【様式第2号】 事業収入減額確認書

  ※事業収入の減額割合が15%以上

   Excel(18KB)      PDF(59KB)           記入例PDF(80KB)

〇【様式第3号】 誓約書

 PDF(351KB)        記入例PDF(68KB)

4 添付書類

 〇法人の場合は直近の法人税申告書の写し

 〇個人事業者の場合は令和2年分の所得税確定申告書または住民税申告書の写し

 〇売り上げが減少した月と前年または前々年同月の事業収入がわかる書類(売上台帳、帳簿のコピー等)

 〇営業許認可証の写し(営業するのに必要な場合のみ)

 〇振込先口座名義のわかる通帳等の写し

 〇本人確認書類の写し

  申請者本人の運転免許証やパスポート、保険証等の写し

*申請書類、添付書類についての詳細・チェックリストは コチラ

5 締切日時

令和3年8月31日(火曜日) 午後5時必着

※7月中の申請にご協力をお願いします。

6 申請から給付金支給までの流れ

(1)申請様式及び添付書類

 上記の申請様式及び添付書類を揃えて、郵送にて申請願います。

   〒989-1295 宮城県柴田郡大河原町字新南19 大河原町商工観光課 宛

(2)審査結果通知

 申請受理、審査後、交付の対象となる場合は中小企業者支援給付金(第2期)交付決定通知書を発送します。

(3)振込口座に給付金振込

 申請受理後2~4週間程度で指定口座に支援給付金が振り込まれます。

振込日の目安は コチラ