本文へジャンプ
 大河原町
sizetxt
文字を拡大する文字を標準に戻す
サイトマップ
 サイト内検索
 
ホーム暮らしの情報観光・イベント防災町政情報組織一覧施設
現在位置:ホームの中の生活・手続きの中の税金から軽自動車税の税率が変わります

お問い合わせ

税務課
TEL 0224-53-2113
FAX 0224-53-3818
zeimu@town.ogawara.miyagi.jp

軽自動車税の税率が変わります

更新日: 2015年11月4日
 平成26年度税制改正により、軽自動車税の標準税率の引上げが行われました。
 本町においても、この改正を踏まえた町税条例の改正により、軽自動車税が引き上げられます。

(1)原動機付自転車、二輪車、小型特殊自動車等

 以下の車両については、購入や登録の時期にかかわらず、すべての車両について、平成28年度分の軽自動車税から改正後の税率が適用となります。
※平成26年度税制改正により、平成27年度分の軽自動車税から改正後の税率が適用となる予定でしたが、平成27年度与党税制改正大綱により、適用開始が1年間延期されることとなりました。

軽自動車等の種類改正前
税率
改正後
税率
原動機付自転車50cc以下
(定格出力0.6kw以下)
1,000円2,000円
50cc超90cc以下
(定格出力0.6kw超0.8kw以下)
1,200円2,000円
90cc超125cc以下
(定格出力0.8kw超1kw以下)
1,600円2,400円
ミニカー
(三輪以上で20cc超50cc以下)
2,500円3,700円
小型特殊自動車農耕作業用1,600円2,400円
その他のもの(フォークリフト等)4,700円5,900円
軽自動車専ら雪上を走行するもの2,400円3,600円
軽二輪(125cc超250cc以下)
(側車付のものを含む)
2,400円3,600円
二輪の小型自動車(250cc超)4,000円6,000円



(2)三輪及び四輪の軽自動車

 平成27年度以降に初度検査を受ける軽自動車は、改正後の税率が適用になります。
 また、平成28年度から、グリーン化を進める観点から初度検査後13年を経過した環境負荷の大きい軽自動車に対して、重課税率が適用になります。
※注 初度検査とは、初めて車両番号の指定を受ける際の検査です。

軽自動車の種類税率
平成26年度まで平成27年度から平成28年度から
改正前平成27年3月31日までに登録した車
〈1〉
平成27年4月1日以降に新規登録した車
〈2〉
新規登録後13年を経過した車
(重課税率)
〈3〉
四輪乗用自家用7,200円7,200円10,800円12,900円
営業用5,500円5,500円6,900円8,200円
四輪貨物用自家用4,000円4,000円5,000円6,000円
営業用3,000円3,000円3,800円4,500円
三輪3,100円3,100円3,900円4,600円


〈1〉平成27年3月31日以前に初めて車両番号の指定を受けた車両(自動車検査証の「初度検査年月」
  が平成27年3月以前のもの)については、平成27年度以後も改正前の税率が適用され、現在の税
  率から変更はありません。
※平成28年度以後に、その車両が初めて車両番号の指定を受けてから13年を経過した場合、〈3〉の
  税率が適用になります。

〈2〉平成27年4月1日以後に初めて車両番号の指定を受けた車両(自動車検査証の「初度検査年月」
  が平成27年4月以後のもの)について、改正後の税率が適用になります。
※平成28年度以後に、その車両が初めて車両番号の指定を受けてから13年を経過した場合、〈3〉の
  税率が適用になります。

〈3〉初めて車両番号の指定を受けた月(自動車検査証の「初度検査年月」のこと)から起算して13年を
  超える車両については、上記〈1〉〈2〉にかかわらず、〈3〉の税率が適用になります。(重課税率)
   ただし、燃料の種類が電気・天然ガス・メタノール・混合メタノール・ガソリンハイブリットの軽自動車、
  被けん引車には適用されません。


〈3〉の税率が適用されるのは、以下の年度からです。

    初度検査年月※   〈3〉の税率が適用される年度
平成14年12月まで平成28年度から
平成15年1月から平成16年3月まで平成29年度から
平成16年4月から平成17年3月まで平成30年度から
平成27年4月から平成28年3月まで平成41年度から

※ 自動車検査証の様式が変更された平成15年10月14日以前に初度検査を受けた車両については、
  初度検査の「月」が把握できないことから、初度検査年月を初度検査年の12月とします(特例)。


(3)三輪及び四輪の軽自動車のグリーン化特例(軽課)

  平成28年度課税時に、三輪及び四輪の軽自動車で、排出ガス性能及び燃費性能の優れた環境負荷の小さいものについて、グリーン化特例(軽課)が適用になります。

 適用条件、税率については以下のとおりです。

 【適用条件】
 平成27年4月1日から平成28年3月31日までに初めて車両番号の指定を受けた三輪及び四輪の軽自動車で、次の基準を満たす車両について、車両を取得をした日の属する年度の翌年度(平成28年度)分の軽自動車税に限り、グリーン化特例(軽課)が適用になります。

 軽自動車の種類
   税率
〈4〉〈5〉〈6〉
四輪乗用自家用2,700円5,400円8,100円
営業用1,800円3,500円5,200円
四輪貨物用自家用1,300円2,500円3,800円
営業用1,000円1,900円2,900円
三輪1,000円2,000円3,000円


〈4〉電気軽自動車・天然ガス軽自動車(平成21年排出ガス10%低減)

〈5〉乗  用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)
       かつ平成32年度燃費基準+20%達成車
   貨物用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)
       かつ平成27年度燃費基準+35%達成車

〈6〉乗  用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)
       かつ平成32年度燃費基準達成車
   貨物用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)
       かつ平成27年度燃費基準+15%達成車

※〈5〉、〈6〉については、揮発油(ガソリン)を内燃機関の燃料とする軽自動車に限ります。
※各燃費基準の達成状況は、自動車検査証の備考欄に記載されております。


問い合わせ先
税務課 課税係
電話:0224-53-2113 FAX:0224-53-3818

更新日: 2015年11月4日