本文へジャンプ
 大河原町
sizetxt
文字を拡大する文字を標準に戻す
サイトマップ
 サイト内検索
 
ホーム暮らしの情報観光・イベント防災町政情報組織一覧施設
現在位置:ホームから緊急・注意喚起

お問い合わせ

商工観光課
TEL 0224-53-2659
FAX 0224-53-3818
syoukou@town.ogawara.miyagi.jp

緊急・注意喚起

更新日: 2017年3月28日


   

    高齢者詐欺・トラブル予防は みんなが主役<政府広報オンライン>


   オンラインでの旅行予約におけるトラブルにご注意ください<消費者庁>29/3/01
   株式会社DMM.comをかたる事業者へ対する注意喚起<消費者庁>29/2/28
   在宅ワークを希望する人へ注意喚起<消費者庁>28/11/18
   「消費者庁」を語り個人情報を聞き出そうとする電話に注意<消費者庁>28/11/15
   衣類等の洗濯表示が変わります<消費者庁>28/11/04
   美容医療を受ける前に確認したいことと相談窓口<消費者庁>28/9
   「脱毛エステの契約ポイント」<消費者庁>28/8/26 
               
    「オリンピック財団」等を名乗り多額の金銭を支払わせようとする業者に関する注意喚起
                                                                                                                              <消費者庁>28/8/2
    ポケモンGOに関する注意喚起<消費者庁>28/7/27
    消費生活製品の重大製品事故に係る発表ク<消費者庁>28/7/29
    「悪質なウェブサイトを公開しました(模倣品・詐欺疑い)<消費者庁>   
    「見守り力」でなくそう高齢者の消費者トラブル!<消費者庁>28/6
    あぶない!クリック前にチェック!そのサイト大丈夫?<消費者庁>
    電力小売全面自由化に関する注意喚起<消費者庁>28/3/15
    スマートフォンでの不正アプリのインストールに注意!<消費者庁>28/2/24
    悪質な住宅リフォーム工事の訪問にご注意ください<消費者庁>28/2/19
    賃貸住宅の建物及び付帯設備に不具合はありませんか?<消費者庁>
    いわゆるマルチ取引にご注意ください<消費者庁>
    便利なはずのインターネット通販トラブル<消費者庁>
 

    タレント・モデル契約のトラブル<国民生活センター>28/11/30   
    アダルトサイト相談過去5年トップ!連絡しない払わない<国民生活センター>28/11/10
    成人になると巻き込まれやすくなる消費者トラブル<国民生活センター>28/10/27 
    60歳以上の女性の高額美容医療トラブル・しわ取り<国民生活センター>28/9/30
    定期購入が条件である旨が分かりにくい通販販売業者<国民生活センター>28/9/28
    高さが調節できる入浴用椅子の脚の破損に注意<国民生活センター>28/9/15
    60歳以上の消費者トラブルの変化と実態<国民生活センター>28/9/8
    インターネットで予約した旅行に関するトラブル<国民生活センター>28/9/1
    電力の契約先変更は慎重に<国民生活センター>28/9/1
    コンビニ払いを指示架空請求<国民生活センター>28/7/7
    相談急増!お試しのつもりが定期購入に!?<国民生活センター>28/6/16

    投資用マンションについての悪質な勧誘電話等にご注意ください<国土交通省>

     
   ☞ リコール情報 (消費者庁リコール情報サイトへ)

   

                 
                     



こんな電話は詐欺を疑いましょう! (メールやハガキも)



*家族や親族を名乗る詐欺


・携帯番号が変わった    
・風邪をひいて声が変わっている
・すぐにお金を振り込んでほしい
・交通事故を起こして示談金が必要
・会社のお金を使い込んでしまった
・お金はレターパック(宅配便)で送って


*被害に遭わない為に

・必ず以前の電話番号にかけなおしてみましょう。
・いつもと声が違うと感じたら、こちらから「〇〇かい?」などと名前で呼びかけてはいけません。
 わざと違う名前で呼んでみて、本当に本人かを確かめるのも一つの手です。
・知人や弁護士、会社の上司などを名乗る手口もあります。あわてずに電話を切って、こちらか
 ら本人に連絡を取ってみましょう。
・レターパックや宅配便で現金を送ることは法律で禁止されており、これは詐欺の手口です。


◇ 警察官・行政職員・金融機関を名乗る詐欺

・カードの暗証番号を教えてください
・通帳やカードを預かります
・還付金があるのでATMへいってください
・融資するので補償金を振り込んでください
・サイト閲覧の遅延金を支払ってください
・いま投資すれば、必ず儲かります


*被害に遭わない為に

・銀口座などの何らかのトラブルを理由に、警察官や金融機関の職員がキャッシュカードの 暗
 証番号を聞いてきたり、カードや通帳を受け取りに来ることは絶対にありません。
・還付金をATMで返金することはなく、税務署や行政機関などが、そのような指示をすることは
 ありません。
・融資を受ける前に保証金を振り込むよう指示されたら、いったん中止し家族に相談しましょう。
・利用したことのないサイト殻の請求書は無視しましょう。身に覚えのないものは支払ってはいけ
 ません。
・素性のはっきりしない相手から金融商品を購入してはいけません。



    ※
 この他にもいろいろな言葉で巧みにだまそうとしてきます。
        不審に思ったら・・・振り込む前に
まずは相談しましょう!!!