本文へジャンプ
 大河原町
sizetxt
文字を拡大する文字を標準に戻す
サイトマップ
 サイト内検索
 
ホーム暮らしの情報観光・イベント防災町政情報組織一覧施設
現在位置:ホームの中の産業・建設の中の商工から火災警報器の悪質販売

お問い合わせ

商工観光課
TEL 0224-53-2659
FAX 0224-53-3818
syoukou@town.ogawara.miyagi.jp

火災警報器の悪質販売

更新日: 2008年3月26日

住宅用火災警報器などの悪質な訪問販売にご注意!

消防法及び市町村条例により、すべての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務付けられました。新築住宅については平成18年6月1日から、既存住宅については平成20年6月1日から施行になります。これを契機に悪質な訪問販売の増加が危ぶまれます。トラブルに巻き込まれることのないよう十分に注意しましょう!

「消防署の方から来た」「今すぐにこの火災警報器を設置しなければならない」などと言って消防職員かと思わせ、家の中に入り込み、法外な値段で住宅用火災警報器等を売りつける。このような業者は要注意です。

【被害に遭わないために】

1.身分と用件をしっかり確認する。

防職員が各家庭を訪問し、住宅用火災警報器等の直接販売をすることはありません。消防署や市町村が特定の業者に斡旋や販売の依頼をすることもありません。

2.安易に家の中に入れない。

3.業者の話をうのみにしてその場ですぐに契約しない。契約する前に見積を取るなどしてよく検討する。


※火災警報器はホームセンターや家電量販店などで販売しています。一般的な価格を知っておくことも必要でしょう。

【契約をしてしまった場合】

訪問販売によって契約した場合は契約書面を受け取ってから8日間(受け取った日を含む)ならクーリング・オフができます。


参考
※宮城県総務部消防課
「住宅用火災警報器の設置義務化について」

ここからお問い合わせ先相談専用電話:022-261-5161〜5163
受付時間:午前9時から午後4時まで(祝日・年末年始は休み)

問合先 宮城県消費生活センター
〒980-0012 宮城県仙台市青葉区錦町一丁目1-20
電話:022-261-5161