本文へジャンプ
 大河原町
sizetxt
文字を拡大する文字を標準に戻す
サイトマップ
 サイト内検索
 
ホーム暮らしの情報観光・イベント防災町政情報組織一覧施設
現在位置:ホームの中の組織一覧の中の総務課から飲酒運転対策

お問い合わせ

総務課
TEL 0224-53-2111
FAX 0224-53-3818
soumu@town.ogawara.miyagi.jp

飲酒運転対策

更新日: 2016年8月17日
 平成17年5月22日、多賀城市において発生した飲酒運転により、学校行事に参加中の高校生の尊い命が奪われる交通死傷事故は、県内外に大きな衝撃と深い悲しみをもたらしました。
 この悲惨な事故を教訓として、宮城県は毎年5月22日を「飲酒運転根絶の日」及び毎月22日の「飲酒運転根絶運動の日」を中心として、市町村及び関係機関・団体と連携して飲酒運転根絶を目指した運動を展開しています。
 飲酒運転は、人の命を脅かす悪質な犯罪です。「飲酒運転をしない、させない、許さない!」を徹底し、みんなで飲酒運転を根絶しましょう。


飲酒運転違反者状況

 宮城県飲酒運転根絶に関する条例第11条第1項第1号の規定に基づき、宮城県公安委員会から町に通知された酒酔い運転または酒気帯び運転に該当した町民の飲酒運転状況を公開しています。


平成28年飲酒運転違反者
平成28年5月29日(日)
午前4時6分頃
酒気帯び運転キャンプ中に飲酒し、山菜採りに向かう途中に加美郡色麻町小栗山の道路上において、飲酒運転被疑者として検挙された。
飲酒量:ビール700ml、日本酒3合
70歳代飲酒した地域
色麻町
平成28年6月11日(土)
午前4時8分頃
酒気帯び運転仙台市青葉区国分町の飲食店で飲酒後、帰宅途中に名取市飯野坂の道路上において、飲酒運転被疑者として検挙された。
飲酒量:ビール中ジョッキ2杯、ハイボール4杯、カシスオレンジ1杯
20歳代飲酒した地域
仙台市
3平成28年6月20日(月)
午後1時30分頃
酒気帯び運転自宅で飲酒後、白石市内の知人宅へ向かう途中に大河原町金ケ瀬字神山の道路上において、飲酒運転被疑者として検挙された。
飲酒量:350ml缶酎ハイ3本
70歳代飲酒した地域
大河原町



飲酒運転は 絶対にしない! させない! 許さない!



運転者に対する罰則

酒酔い運転 飲酒量にかかわらず、アルコールの影響により正常な運転ができない恐れのある状態で運転すること

   罰    則・・・5年以下の懲役、または100万円以下の罰金
   違反点・・・35点 → 免許取消


酒気帯び運転 アルコール濃度が呼気1リットル中に0.15mg以上で運転すること

   罰    則・・・3年以下の懲役、または50万円以下の罰金
   違反点・・・13点(0.15以上0.25mg未満) → 免許停止
                          25点(0.25mg以上)                  → 免許取消


危険運転致死傷罪 人を死亡させた場合は、最長20年の懲役。人を負傷させた場合は、15年以下の懲役。

   危険・悪質性の高い飲酒運転事故は、故意の犯罪とみなされ、刑法上の危険運転致死傷罪が適用
  される場合もあります。


その甘い判断が人生を狂わす!!



車両提供者に対する罰則

   酒気を帯びて運転をするおそれのある人に車両を提供することは、飲酒運転を助長する行為の中
  でも特に悪質な違法行為にあたり、飲酒運転をした運転者と「同罪」になります。

酒酔い運転

   罰    則・・・5年以下の懲役、または100万円以下の罰金

酒気帯び運転

   罰    則・・・3年以下の懲役、または50万円以下の罰金


酒類提供者に対する罰則

   飲酒運転をするおそれのある人に酒類を提供することは、飲酒運転を助長する違法行為となりま
  す。
   また、運転者が酒気を帯びていることを知りながら、自己を運送するように要求・依頼し、その運転
  者が飲酒運転をする車両に同乗することは、飲酒運転を容認する悪質な違法行為となります。

酒酔い運転

   罰    則・・・3年以下の懲役、または50万円以下の罰金

酒気帯び運転

   罰    則・・・2年以下の懲役、または30万円以下の罰金


あなたも同罪!! 責任とれますか!?



飲酒運転で失う6つの宝

  1.命 (死亡事故に直結)
  2.家族 (家族離散など)
  3.仕事 (会社等は解雇など)
  4.社会的信用 (マスコミで報道など)
  5.運転免許 (免許取消など)
  6.お金 (罰則や遺族補償など)


「ハンドルキーパー運動」を実践しましょう!

  ハンドルキーパー運動とは、自動車で飲食店に来て飲酒する場合、仲間同士や飲食店の協力を得て
 飲まない人(ハンドルキーパー)を決め、その人は酒を飲まず、仲間を自宅まで送り、飲酒運転事故を
 防止する運動のことです。

  ハンドルキーパーとしたのは、酒を飲まない人(ハンドルキーパー)が、大事な自動車のハンドルを握  
 り(キープし)、飲酒運転を防ぐことによって人の命を守る(キープする)という意味が込められています。

  ドライバーの皆様には、飲酒運転を追放するために、ハンドルキーパー運動への積極的なご参加、ご
 協力をお願いします。

 

「飲酒運転追放三ない運動」を実践しましょう!

  ・酒を飲んだら運転しない
  ・運転するときは酒を飲まない
  ・運転する人には酒を飲ませない



飲酒運転は重罪です!!



問い合わせ先
総務課 行政係
電話:0224-53-2111 FAX:0224-53-3818

更新日: 2016年8月17日