本文へジャンプ
 大河原町
sizetxt
文字を拡大する文字を標準に戻す
サイトマップ
 サイト内検索
 
ホーム暮らしの情報観光・イベント防災町政情報組織一覧施設
現在位置:ホームの中の組織一覧の中の企画財政課から2015農林業センサスが実施されます

お問い合わせ

企画財政課
TEL 0224-53-2112
FAX 0224-53-3818
kikaku@town.ogawara.miyagi.jp

2015農林業センサスが実施されます

更新日: 2014年12月19日
平成27年2月1日を基準日として、全国一斉に″農林業の国勢調査″といわれる「2015年農林業センサス」が実施されます。平成26年12月中旬から平成27年1月にかけて調査員が農林業関係者の方々のところに訪問し、聞き取りした上で調査対象となった方に調査票を配布し、農林業の経営状況などの記入をお願いしますので、ご協力をお願いいたします。 


農林業センサスとは

農林業センサスは、我が国の農林業の生産構造や就業構造、農山村地域における土地資源など農林業・農山村の基本構造の実態とその変化を明らかにし、農林業施策の企画・立案・推進のための基礎資料となる統計を作成し、提供することを目的に、5年ごとに実施される大切な調査で、農林業経営体調査と農山村地域調査を実施します。

 ☆農林業経営体調査
  農家や林家、会社や集落営農などの実態を正しく把握するための調査で、全国の農林業経営体      が対象です。
  調査期間:平成26年12月~平成27年2月

 ☆農山村地域調査
  経営体の生産基盤である農山村地域の現状を把握するための調査で、全国の農業集落が対象です。
  調査期間:平成27年4月~6月


農林業センサス(農林業経営体調査)

調査の目的

全国の農林業の生産構造や就業構造の実態を調査し、「攻めの農林水産業」の実現に向けた各種農林業施策に必要な基礎資料の整備を目的として実施します。

調査の対象(調査客体)

農林業経営体調査は、以下のいずれかに該当する農家や林家、会社や集落営農など、農林業を営んでいる様々な組織を調査客体とします。

1・ 経営耕地面積が30アール以上の規模の農業 を営む世帯や組織
2・ 農作物の作付面積又は栽培面積、家畜の飼養頭羽数又は出荷羽数その他の事業の規模が別表で   定める規模以上の農業を営む世帯や組織
3・ 権原に基づいて育林又は伐採(立木竹のみを譲り受けてする伐採を除く。)を行うことができる山林(以下「保有山林」という。)の面積が3ヘクタール以上の規模の林業(育林又は伐採を適切に実施するものに限る。)
4・ 農作業の受託の事業 を営む世帯や組織
5・  委託を受けて行う育林若しくは素材生産又は立木を購入して行う素材生産の事業

別表 
露地野菜作付面積 15アール
施設野菜栽培面積 350平方メートル
果樹栽培面積 10アール
露地花き栽培面積 10アール
施設花き栽培面積 250平方メートル
搾乳牛飼養頭数 1頭
肥育牛飼養頭数 1頭
豚飼養頭数 15頭
採卵鶏飼養羽数 150羽
ブロイラー年間出荷羽数 1,000羽
その他 調査期日前1年間における農業生産物の総販売額50万円に相当する事業の規模

調査の時期

平成27年2月1日現在の状況について、平成26年12月中旬~平成27年2月上旬に調査を実施

調査のながれ

 1)調査員が客体候補一覧に記載されている候補者宅を訪問し、協力を依頼します。
 2)調査員の聞き取り調査により調査対象か否かを判定します。
 3)調査対象となった方には、調査票等が配布されます。
   また、対象とならない方は、ここで終了になります。
 4)調査対象となった方は、記入方法の説明を受けた後、回収予定日時を決めます。
 5)数日後、あらかじめ決めた訪問日時に、調査員が調査票を回収しに伺いますので、記入した調査票を渡してください。
 6)記入内容を審査します。
   必要に応じて確認し、修正をさせていただきます。
 

調査客体に該当した場合の調査内容

ア : 経営の態様
 イ : 世帯の状況
 ウ : 農業経営の特徴
 エ : 経営耕地面積等
 オ : 農業用機械の所有
 カ : 農業労働力
 キ : 農作物の生産・販売状況
 ク : 農作業の委託・受託状況
 ケ : 保有山林面積
 コ : 林業労働力
 サ : 育林面積等及び素材生産量
 シ : 林産物の販売状況
 ス : 林業作業の受託状況
 セ : その他農林業経営体の現況を把握するために必要な事項

  【用語解説】
 → http://www.maff.go.jp/j/tokei/census/afc2015/glossary/glossary.html 
農林水産省が作成する「2015年農林業センサスキャンペーンサイト」にリンクしています。


調査の法的根拠

統計法(平成19年法律第53号)、統計法施行令(平成20年政令第334号)及び農林業センサス規則(昭和44年農林省令第39号)に基づいて実施されます。

  

あなたの個人情報等は法律で守られています。

農林業センサスは統計法に基づく基幹統計調査です。
 調査内容は統計の作成や各種統計調査の名簿作成など、定められた目的以外に使うことを法律で禁じているので調査の結果が税金の徴収などに使われることは一切ありません。
 また、調査員には守秘義務があり、調査で知り得た情報が他人に漏れることもありません。


かたり調査にご注意ください!!

統計調査を装った不審な訪問者や電話・電子メールなどにご注意ください。統計調査において、電子メール等で経理内容の回答を求めたり、金品を請求することはありません。不審に思った際には、速やかに企画財政課までお知らせください。


※詳しくは農林水産省ホームページにて,農林業センサスについてより詳細に紹介しております。是非ご覧ください。


農林業センサス

  問い合わせ 
   企画財政課統計係 電話0224−53−2112