本文へジャンプ
 大河原町
sizetxt
文字を拡大する文字を標準に戻す
サイトマップ
 サイト内検索
 
ホーム暮らしの情報観光・イベント防災町政情報組織一覧施設
現在位置:ホームから平成30年住宅・土地統計調査にご協力をお願いします

お問い合わせ

企画財政課
TEL 0224-53-2112
FAX 0224-53-3818
kikaku@town.ogawara.miyagi.jp

平成30年住宅・土地統計調査にご協力をお願いします

更新日: 2018年9月4日
 総務省統計局では、10月1日を期日として「平成30年住宅・土地統計調査」を実施します。

住宅・土地統計調査とは

 「統計法」という法律に基づいた基幹統計調査で、昭和23年から5年ごとに行われ、今回が15回目の調査になります。
 この調査は、統計上の定められた方法により無作為に抽出された全国
約370万世帯の方々を対象とした大規模調査で、その調査結果は暮らし
と住まいに関する計画(住生活基本計画)や国民経済計算の基礎資料等
として幅広く利用されます。 

調査の目的

①高齢化社会を支える移住環境
②耐震性・防火性といった住宅性能水準の達成度
③土地の利用状況
などを明らかにすることをねらいとしています。また、居住環境対策として、空き家対策の重要性が
  年々高まっており、住生活基本計画において初めて空き家に関する成果指標が設定されたことから、
  住宅・土地統計調査において、空き家の実態を把握することとしています。

調査の対象

 調査の対象は一定の統計上の抽出方法により無作為に抽出された世帯になります。
 今回は、全国で約370万世帯、大河原町で約700世帯が対象となっています。


調査の方法

①県知事により任命された調査員が、9月上旬に調査対象地域の確認のために、対象地域を巡回しま
  す。その際、「調査のお知らせ(チラシ)」を調査対象区域にお住まいのすべての世帯に配布します。
②この準備調査をもとに、9月中旬に無作為に抽出された1調査区あたり17住戸・世帯に調査員がイ
  ンターネット回答用の調査書類を配布します。
 <インターネット回答期間>
  平成30年9月15日(土)~10月8日(月)
③9月下旬に、インターネット回答のなかった世帯に対し、調査員等が世帯を訪問し、紙の調査書類を配
  布します。
回答方法は、インターネットによる回答、調査票に直接記入し調査員に提出する方法、記入した調査
  票を郵送する方法を選ぶことができます。
※国では個人情報の保護や調査事務の効率化などの観点から、インターネット回答を進しています。

 

調査員について

 調査員は宮城県知事が任命した非常勤の地方公務員です。必ず写真入りの「調査員証」を携行しています。
 調査員をはじめとする調査関係者には、統計法により調査対象者が安心して調査票に記入できるよう、厳格な守秘義務が課せられているほか、集められた調査票は厳重に管理されます。


マンションやアパートの管理人の方々などにご協力いただきたいこと

調査員が、建物内にお住まいの世帯にお伺いできるよう、ご協力をお願いいたします。

 オートロックマンションなどは、厳重なセキュリティなどにより、調査員が建物内に入ることすら困難なケースも多く、調査が円滑に行われないケースも想定されます。そのような場合には、調査員が建物内に入り、世帯にお伺いできるよう、また、当該建物について、居住世帯のない住宅、建物の構造、敷地面積などをお尋ねすることがありますので、管理人、管理会社、管理組合の皆様のご協力をお願いいたします。
 また、昼間不在がちの世帯などで、調査員が訪問しても面会できない場合には、管理人等の皆様に居住状況などをお尋ねすることがありますので、同様にご協力をお願いいたします。


配布期間及び回収期間

〇インターネット調査書類配布期間
  調査員が9月中旬に抽出された世帯の郵便受けに入れるなどして配布します。
  インターネット回答の方は、10月8日(月)が回答期限となります。

〇紙の調査票配布期間
  調査員が9月25日(火)~30日(日)の期間に抽出された世帯を訪問いたします。

〇調査票回収期間
  調査員が10月1日以降約束した期日に調査票を回収に参ります。 
  郵送による提出の場合は、10月1日(月)~8日(火)の間に投函して下さい。
       

問い合わせ 

 大河原町企画財政課統計係
    電話0224−53−2112(内線224)
 

住宅・土地統計調査リーフレット (1,221kbyte)pdf