本文へジャンプ
 大河原町
sizetxt
文字を拡大する文字を標準に戻す
サイトマップ
 サイト内検索
 
ホーム暮らしの情報観光・イベント防災町政情報組織一覧施設
現在位置:ホームの中の組織一覧の中の企画財政課からふるさと納税

お問い合わせ

企画財政課
TEL 0224-53-2112
FAX 0224-53-3818
kikaku@town.ogawara.miyagi.jp

ふるさと納税

更新日: 2016年1月13日

ふるさと寄附金(納税制度)で大河原町を応援してください!

ふるさと寄附金(納税制度)は、納税者が好きな町を“ふるさと”として応援できる制度です。
 
 
 
  ここに川がある おおらかでやさしい川がある       
     ここに道がある たくましく未来に続く道がある
        ここに桜が咲く 人々が心を通わせる桜が咲く
           ふるさと大河原 いにしえのぬくもりとともに 
                 育てようふれあいの町を 
        (町民憲章)

“白石川と桜堤 そして里山と蔵王連峰 永久に残したい故郷の原風景”住んでる人々が
心から住み続けたい、訪れる人がもう一度来てみたいそんなまちを未来に向け創りつづけること、
そのことが『まちづくりの原点』です。


 

1.ふるさと納税制度とは

「ふるさと納税制度」は、ふるさとの大切さを再認識し、貢献や応援したいという皆さんの気持ちを形にしようとするものです。

地方公共団体(都道府県・市町村)に対する寄附金税制が見直しされ、寄附金の一部が所得税と個人住民税からそれぞれ控除できる制度となったものです。

是非、大河原町のまちづくり施策に活用するため『寄附金』として応援してください。

 

2.寄附金の控除とは

住民税を納税されている方が、応援したい自治体に2,000円を超える寄附を行った場合、2,000円を超える部分について、所得税と住民税からそれぞれ控除を受けることができます。

控除の上限は、住民税所得割のおおむね1割で、控除を受けるためには「確定申告」が必要となります。(住民税の寄附金控除だけを受けようとする場合には、住所地の市町村に簡易な申告をします。)

 

3.寄附金控除のイメージ

夫婦・子供2人、給与収入額700万円(所得税限界税率10%・住民税所得割293,500円)のモデルケースで、大河原町に4万円の寄附をされた場合の例

大河原町への寄附額 40,000円
  寄附金控除の対象外
2,000円
      所得税の所得控除による税額軽減 3,800円
    住民税の税額控除 34,200円
  (基本控除額+特例控除額)
寄附金控除対象 38,000円
○所得税からの控除⇒(寄附額-寄附金控除の対象外)×10%
(40,000円−2,000円)×10%=3,800円

○住民税からの控除⇒基本控除額+特例控除額
 3,800円+30,400円=34,200円
  ・基本控除額=(寄附額−寄附金控除の対象外)×10%
   (40,000円−2,000円)×10%=3,800円
  ・特例控除額=(寄附額−寄附金控除の対象外)×(90%−10%)
   (40,000円−2,000円)×(90%-10%)=30,400円
 
所得税、住民税の控除額合計は38,000円になります。

※所得税限界率、住民税所得割額は家族構成や収入額などにより異なります。
※住民税の税額控除のうち「特例控除額」の限度額は、住民税所得割の1割となります。
 

4.寄附と税務申告の流れ

〇ふるさと納税ワンストップ特例制度

平成27年4月1日より「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が創設されました。
この制度は、確定申告を行わない給与所得者のみの方などがふるさと納税を行う際、個人住民税が課税されている市区町村に対する寄付控除の申請を、寄付先の市区町村などが寄附者に代わって行うことを申請できる制度です。
この制度を利用できる方は、以下の要件に該当する方のみとなります。

・給与所得のみの方などで、確定申告を行う必要がない方
・平成27年中に行う「ふるさと納税」の寄附先が5団体以下の方(平成27年に限り4月1日以降の寄附が対象。)
※給与所得のみの方でも、医療費控除などの各種控除、株式などの所得を申告する方は対象外となります。また、平成27年1月1日から3月31日にふるさと納税をされた方は、確定申告が必要となるため対象外となります。

制度の申請手続きについて

◇申請方法
・制度の利用を希望される方は、以下の「申告特例申請書」を大河原町へ提出してください。
FAX及び電子メール不可(押印が必要となるため、大河原町役場にお持ちになるか、郵送での提出をお願いいたします。郵送での提出される場合、郵便料金は申請者負担となります。)

 「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」 (233kbyte)pdf

◇申請した内容に変更が生じた場合
・申請書の提出後に、申請内容に変更(氏名・住所)があった場合、寄附をした翌年の1月10日までに以下の「変更届出書」を提出してください。なお、申請後にふるさと納税の寄附先が5団体を超えた場合は、申請がなかったものとみなされます。この場合は確定申告が必要となりますのでご注意ください。

 「変更届出書」 (223kbyte)pdf

◇申請の完了について
・申請書(変更届出書)の提出とふるさと納税の入金を確認した後、大河原町より受付書を郵送させていただきます。受付書は制度申請完了の証明となりますので、大切に保管してください。

ふるさと納税ワンストップ特例制度を利用されない場合

・大河原町より領収書を発行いたしますので下記の手続きをお願いします。

◇所得税控除のための手続き
・年末調整等では控除できませんので、所轄税務署にて確定申告を行ってください。
(通常の確定申告時期:毎年2月15日〜3月15日)
・確定申告書提出の際に、当町の発行した「領収書」を添付してください。「領収書」は原則としてご寄附の都度お送りいたしますので、申告手続きまで大切に保管してください。

◇住民税控除のための手続き
・控除の適用を受けるには、確定申告をしていただく必要があり、所轄税務署にて確定申告を行えば自動的に、住民税に反映されます。

 

☆寄附の手続について

1.寄附の申し出
寄附の申し込みは、郵便・電話・電子申請・ファックス・電子メールなどでお知らせください。
町から「寄附申込書」、専用の納付書等(「払込取扱票(郵便局用)」または「納入通知書(銀行用」)」)を郵送させていただきます。
連絡先は、大河原町役場 企画財政課財政係(0224-53-2112)です。
 
2.寄附金申込書へ記入
住所、名前、連絡先、寄附金額、寄附金の使途等の事項を記入していただきます。
・寄附金申込書 (31kbyte)doc
・寄附金申込書 (77kbyte)pdf

※ご寄附者の個人情報については、個人情報保護条例に基づき、目的以外には使用せず、適正に管理いたします。

3.寄附金申込書の提出
ご記入いただいた寄附金申込書は、郵便、電子申請、ファックス、電子メールなどで提出いただきます。
電子申請での申し込みはこちらから(みやぎ電子申請サービスのサイトへ移動します。)

4.納入手続
町から郵送した、「(1)払込取扱票(郵便局用)」または「(2)納入通知書(銀行用)」で最寄の郵便局または金融機関で振り込みください。また、「(3)町の取扱金融機関以外からの口座振込」や「(4)現金書留払」でも可能です。

なお、(1)(2)の納付方法は振込み手数料はかかりませんが、(3)(4)による場合は、誠に恐縮ですが、ご寄附いただく方のご負担とさせていただきます。

(1)郵便局での払込取扱票による納付
町から送付した専用の「払込取扱票」にて、ご近所の郵便局で振込み願います。振込み手数料はかかりません。

(2)大河原町指定金融機関等での納入通知書による納付
町から送付した専用の金融機関用「納入通知書」にて、以下の取扱金融機関で振込み願います。振込手数料はかかりません。

※取扱金融機関名
・(株)七十七銀行
・(株)仙台銀行
・仙南信用金庫
・JAみやぎ仙南農協
・相双五城信用組合
・東北労働金庫
※この納付方法は、宮城県内(主に仙南地方)の方用に設定しております。

(3)口座振込((1)及び(2)以外の金融機関でのお振込みの場合)
振込専用の口座番号を文書にてお知らせします。お近くの金融機関の窓口でお振込みください。 なお、振込手数料につきましては、誠に申し訳ございませんが寄附をされる方でご負担ください。

(4)現金書留払
寄附金申込書を受領後、町から確認の連絡をいたします。確認連絡のあった後、送付してください。 なお、郵送料については誠に申し訳ございませんが寄付をされる方でご負担ください。

※※※ご注意ください※※※
大河原町では、寄附金をお受けとりする口座番号などは公表していません。
また、寄附を強要したり電話でお願いしたりすることはありません。
くれぐれも寄附をかたった詐欺行為には十分お気をつけください。

 

☆お礼

50,000円以上のご寄附をいただいた皆さんには、町特産品をお送りいたします。
50,000円以上100,000円未満の寄附: ①~⑥までの中から1品
100,000円以上の寄附         : ①~⑥までの中から2品(重複できます)若しくは、⑦1品
⑤~⑦は手作りの為時間を要しますとともに、特産品作製・発送の為にご寄附いただいた方の個人情報を事業者に提供させていただきます事をご了承ください。
(特産品作製・発送以外の目的には使用いたしません)
(年度内に複数回ご寄附される場合は1回の贈呈とさせていただきます)
 イメージ特産品紹介
【さくらっきーグッズ】:大河原町観光物産協会
”大河原1(いち)”ゆるいキャラクターさくらっきー。   かわいらしさナンバー1。
さくらっきーと一緒に大河原を盛り上げましょう。
<内容が変更される場合あり>
【玉松味噌醤油セット】:玉松味噌醤油工場
大河原町の土地の産物をその土地の技法での味作り「土産土法」によるオリジナルブランド商品。
じっくり醸しだされた、みそ、しょうゆの風味はふるさと自然が香る、素材本来の風味をご堪能いただけます。
また、大河原特産のうめを使用したジュースは上品な甘みと爽やかな風味は、水割り焼酎に最適です。
【和豚もちぶた】:株式会社ヒルズ
柔らかく、脂身がさっぱりして甘みがあるもちぶた。豚肉特有の臭みもなく、ビタミンEが豊富に含まれています。
桜ソースとともにご堪能ください。
【晒よし飴】:市場家
光沢のある絹糸を束ねた姿で、飴の内部には百数十の髄(空洞)があり、断面は蜂の巣のように見えます。空気を含んだ飴の繊維はお口に含んだ途端にさらりと溶け、優しい甘みが広がります。    (提供期間10月から4月まで)
【袱紗(ふくさ)】:まるきぬ
東日本大震災で倒壊した蔵の中から甦ってきた反物や帯を使って作成したもの。「絆」の大切さを教えてくれた大震災、だからこそ慶弔のお付き合いにはかかせない袱紗(ふくさ)を反物等で作成しました。(写真はイメージです。実際に送付いたします模様とは異なります)
【一閑張(いっかんばり)】:まるきぬ
創業90年を迎える店にある染見本帳、その中にある布を丹念に貼ることで世界に一品しかない一閑張のバックを制作。装飾品だけではなく生活用具としてお使いいただけます。
(写真はイメージです。実際に送付いたします模様とは異なります)
【一閑張(いっかんばり)】:まるきぬ          
(写真はイメージです。実際に送付いたします模様とは異なります)

◇ふるさと寄附の申し込みに関する問合せ
 企画財政課財政係
  電話:0224-53-2112
  FAX:0224-53-3818
  Mail:zaisei3@town.ogawara.miyagi.jp

◇寄附金控除に関するお問い合わせ
 税務課課税係
  電話:0224-53-2113
  FAX:0224-53-3818
  Mail:kazei@town.ogawara.miyagi.jp

◇寄附金申込書の提出先
 〒989-1295 大河原町役場 宮城県柴田郡大河原町字新南19番地