本文へジャンプ
 大河原町
sizetxt
文字を拡大する文字を標準に戻す
サイトマップ
 サイト内検索
 
ホーム暮らしの情報観光・イベント防災町政情報組織一覧施設
現在位置:ホームの中の生活・手続きの中の国民健康保険から高齢受給者証について

お問い合わせ

町民生活課
TEL 0224-53-2114
FAX 0224-53-3818
chomin@town.ogawara.miyagi.jp

高齢受給者証について

更新日: 2016年1月4日

高齢受給者証とは?

70歳になると現在加入している健康保険から高齢受給者証が交付され、健康保険被保険者証と高齢受給者証を併用することとなります。また、対象となるのは70歳の誕生月の翌月(1日が誕生日のかたはその月)から、75歳の誕生日前日までです。ただし、65歳~74歳までで一定の障害認定を受け、後期高齢者医療制度に移行しているかたは除きます。

病院の窓口で支払う費用は?

 医療機関で支払う費用は、70歳の誕生月翌月から下記のようになります。ただし未申告の場合は、負担割合3割となりますのでご注意ください。
①昭和19年4月1日以前生まれのかた
 所得区分負担割合 該当する世帯
現役並み所得者3割負担同一世帯に住民税課税所得が145万円以上のかたがいる世帯
一 般1割負担
現役並み所得者、低所得者Ⅰ・Ⅱに該当しない世帯
低所得者Ⅱ同一世帯の世帯主及び被保険者が住民税非課税となる世帯
低所得者Ⅰ同一世帯の世帯主及び被保険者が住民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費・控除を差し引いたときに0円となる世帯
②昭和19年4月2日以降生まれのかた
 所得区分負担割合 該当する世帯
現役並み所得者3割負担同一世帯に住民税課税所得が145万円以上のかたがいる世帯
一 般2割負担
現役並み所得者、低所得者Ⅰ・Ⅱに該当しない世帯
低所得者Ⅱ同一世帯の世帯主及び被保険者が住民税非課税となる世帯
低所得者Ⅰ同一世帯の世帯主及び被保険者が住民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費・控除を差し引いたときに0円となる世帯

医療費が高額になったとき

 月額の医療費(保険診療部分)が高額になった場合は、高額医療費の申請をすることにより自己負担額の限度額を超えた分が払い戻されますので領収書は大切に保管してください。なお、高額療養費に該当している場合、大河原町国民健康保険に加入されているかたは診療月から2~3ヶ月後に高額療養費申請案内(はがき)が届きます。大河原町国民健康保険以外の健康保険に加入されているかたは、加入先の健康保険にお問い合わせください。


自己負担限度額(月額)

所得区分外来
(個人単位)
入院+外来(世帯単位)
現役並み所得者44,400円80,100円+[(実際にかかった医療費−267,000円)×1%]
※過去12ヶ月間に3回以上世帯の限度額を超える高額医療費の支給があった場合、4回目以降は44,400円
一 般12,000円44,400円
低所得者Ⅱ8,000円24,600円
低所得者Ⅰ8,000円15,000円

医療費の支払いをあらかじめ自己負担額までにしたいとき

 通院及び入院の際、事前に「限度額適用・標準負担額減額認定証」を申請することで医療費(保険診療部分と入院時の食事代)の支払いを自己負担限度額(月額)までで止めることができます。大河原町国民健康保険に加入のかたが、この認定証を得る場合は、申告をしていることと保険料(税)に滞納がないことが条件となります。大河原町国民健康保険以外の健康保険に加入されているかたは、加入先の健康保険にお問い合わせください。ただし、この認定証は、低所得者Ⅱと低所得者Ⅰに該当するかただけが申請できます。(他の所得区分のかたは高齢受給者証が、この認定証の役割を兼ねているためです)

入院をしたときの食事代について

 入院した時の食事代は、1食分として標準負担額を自己負担し、残りの金額は加入している健康保険が負担しています。

 入院したときの食事代(1食あたり)

所得区分標準負担額
現役並み所得者、一般260円
低所得者Ⅱ90日までの入院210円
90日をこえる入院(過去12ヶ月の入院日数)160円
低所得者Ⅰ100円

※低所得(II)、(I)については、「限度額適用・標準負担額減額認定証」の申請が必要です。
 平成28年4月より食事代が変わります。


特定疾病療養受療証について

人工透析治療が必要のある慢性腎不全、血友病、抗ウィルス剤を投与している後天性免疫不全症候群(厚生労働大臣が定める者)については、特定疾病療養受療証を申請により交付を受け、病院の窓口に提出すると毎月の自己負担額が1万円(上位所得者世帯は2万円)までとなります。




  • 問合せ先
    町民生活課 保険給付係
    電話:0224-53-2114 FAX:0224-53-3818

    更新日: 2016年1月4日