本文へジャンプ
 大河原町
sizetxt
文字を拡大する文字を標準に戻す
サイトマップ
 サイト内検索
 
ホーム暮らしの情報観光・イベント防災町政情報組織一覧施設
現在位置:ホームの中の組織一覧の中の町民生活課からマイナンバー(個人番号)カードの受け取りの手続き

お問い合わせ

町民生活課
TEL 0224-53-2114
FAX 0224-53-3818
chomin@town.ogawara.miyagi.jp

マイナンバー(個人番号)カードの受け取りの手続き

更新日: 2016年2月3日
☆個人番号カードと受け取りの流れ

                                                              個人番号カードイメージ おもて個人番号カードイメージ うら


・個人番号カードは、本人の希望により、地方公共団体情報システム機構に交付申請するものであり、氏名(通称名)、住所、生年月日、性別の4情報の記載と、顔写真の貼付とマイナンバーが表記されたもので、公的な身分証明書としてご利用いただけるカードです。

役場においての行政手続き等、マイナンバーが必要になる手続きにおいて、個人番号カードを提示することで、番号確認と本人確認を一枚で兼ねることができます。

・大河原町役場に個人番号カードが届きましたら、申請されたかたに順次、交付通知書(ハガキ)を送付いたします。そのハガキに記載された必要なものをご持参のうえ、町民生活課に本人がお越しいただくようになります。

・ご本人が病気、身体の障害等やむを得ない理由により来庁ができない場合には、代理人をたてることができます。
その場合、その旨を証明することが出来る書類(医師の診断書、本人の障害者手帳、施設等に入所している事実が確認できるもの)が必要です。

学業・仕事が多忙等の理由の場合には、代理人への交付はできませんので予めご了承ください。

15歳未満のかた又は成年被後見人に対しては、個人番号カードを直接交付することができませんので、法定代理人が必ず同行してください

・また、交付の際は混雑が予想されますので、時間に余裕を持ってお越しください。


受け取りのときに必要なもの(下記書類等が全て必要となります)

本人が受け取る場合(15歳以上の方が来庁される場合)

・交付通知書(ハガキ) ※回答書欄のみ記入してお持ちください。
・本人の通知カード
・印鑑
・住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
・本人確認書類(下記を参照ください)
本人が受け取る場合(15歳未満の方が来庁される場合)
※法定代理人の同行が必要となります。

 
・交付通知書(ハガキ) ※回答書欄のみ記入してお持ちください。
・本人の通知カード
・印鑑
・申請者本人の本人確認書類(下記を参照ください)
・法定代理人の本人確認書類(下記を参照ください)
・戸籍謄本など(本籍が大河原町の場合又は申請者と法定代理人が同一世帯かつ親子関係である場合は不要です)


本人確認書類(1)
1点で確認できるもの
運転免許証、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る)、パスポート(旅券)、住民基本台帳カード(顔写真付きのもの)、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、在留カード、特別永住者証明書、一時庇護許可書、仮滞在許可書

本人確認書類(2)
2点で確認できるもの
健康保険証(※氏名と生年月日または住所の記載が確認できるもの)、年金手帳、社員証、学生証、学校名が記載された各種書類、預金通帳、医療受給者証

代理人が受け取る場合

 ・交付通知書(ハガキ) ※回答書欄、委任状欄、暗証番号を記入し、暗証番号欄に目隠しシールを貼付してください。
申請者本人の通知カード
・印鑑
・住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)

・申請者の本人確認書類
※「本人確認書類(1)」のうち2点
※「本人確認書類(1)」と「本人確認書類(2)」をそれぞれ1点ずつ
※「本人確認書類(2)」を3点(うち1点は顔写真付き)

・代理人の本人確認書類
※「本人確認書類(1)」のうち2点
※「本人確認書類(1)」と「本人確認書類(2)」をそれぞれ1点ずつ

・申請者本人の来庁が困難であることを証する書類
※診断書、申請者本人の障害者手帳、施設に入所していることを証する書類 など


暗証番号について


次の1~4の設定をしていただくにあたり、暗証番号が必要になりますので、あらかじめ考えていただくようお願いします。

1.「署名用の電子証明書」⇒
  ※英数字(A~Z、0~9)の組み合わせで6文字以上16文字以下

2.「利用者証明用の電子証明書」⇒ ※数字4ケタ

3.「住民基本台帳事務用アプリ」⇒ ※数字4ケタ

4.「券面事項入力補助用アプリ」⇒ ※数字4ケタ

※ 2~4は同じものとすることができます
※ やむを得ず代理人がお越しになる場合の暗証番号欄には、暗証番号を記入して、交付通知書(ハガキ)表面の交付場所に貼ってある目隠しシールを再利用する等して隠してお持ちください。
(記入していただいた暗証番号は、職員が確認、設定し、代理人にカードを交付いたします

電子証明書について

インターネットを通じて申請や届出といった行政手続や、インターネットサイトにログインを行う際に、他人による「なりすまし」やデータの改ざんを防ぐために、電子上においての本人確認を行います。

そのために、外部から読み取られるおそれのない個人番号カード等のICカードに「電子証明書」と呼ばれるデータを記録するものです。

電子証明書には、「署名用電子証明書」と「利用者用電子証明書」の2種類があり、特徴は次のとおりです。

・署名用電子証明書    ⇒インターネットなどで電子文書を作成、送信する際に使用します
                  (例: e-taxなどの電子申請)
                  作成、送信した電子文書が、利用者が真に作成したものである証明とな
                  るものです。
                                                 


・利用者証明用電子証明書⇒機器端末等にログインした者が、利用者本人であることの証明となるもの
                  
                  (例 マイナポータルへのログイン)

※総務省公式サイト外部サイト  http://www.soumu.go.jp/kojinbango_card/kojinninshou-01.html


問い合わせ先
町民生活課 町民係
電話:0224-53-2114 FAX:0224-53-3818

更新日: 2016年2月3日