○大河原町契約業者等選定委員会規程

平成19年4月1日

訓令第1号

大河原町契約業者指名委員会規程(平成18年訓令第11号)の全部を改正する。

(目的)

第1条 本町の発注する建設工事、業務委託及び備品の購入並びに製造の請負等(以下「建設工事等」という。)について、公正な事務の運営を図るため、大河原町契約業者等選定委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(組織)

第2条 委員会は、委員長、副委員長及び委員をもって組織する。

2 委員長には副町長、副委員長には総務課長の職にある者をもってこれに充てる。

3 委員は、企画財政課長、地域整備課長、農政課長、上下水道課長及び会計課長の職にある者をもって充てる。

4 委員長が必要と認めるときは、前号に掲げる者のほか、課長の職にあるものを委員として充てることができる。

(平24訓令2・一部改正)

(委員長の職務及び代理)

第3条 委員長は、委員会を代表し、会務を総理する。

2 委員長に事故があるときは、副委員長が委員長の職務を代理する。

(審議事項)

第4条 委員会は、次に掲げる事項を審議する。

(1) 建設工事等の契約業者の登録資格審査に関する事項

(2) 建設工事等の契約を指名競争入札又は随意契約によろうとする場合の業者の指名若しくは選定に関する事項

(3) 建設工事等の契約業者に対する指名停止その他処分に関する事項

(4) 一般競争入札に係る次の事項

 一般競争入札で行う建設工事等の選定

 一般競争入札参加資格要件の設定

 一般競争入札参加資格の適否の決定

(5) 入札制度の改善に関する事項についての調査研究

(6) 前5号に掲げるほか、委員長が必要と認める事項

(会議の議決方法)

第5条 委員会の会議は、委員長が招集し、その議長となる。

2 委員会は、委員の半数以上が出席しなければ会議を開くことができない。

3 議事は、副委員長及び出席委員の過半数をもって決し、可否同数のときは、委員長の決するところによる。

4 委員長は、会議を開くいとまがないと認めるとき、又は軽易な事案で会議に付議する必要がないと認めるときは、委員に回議してこれにかえることができる。

(関係者の出席)

第6条 委員長は、必要があると認めるときは、委員以外の職員を会議に出席させ、審議事項について説明させることができる。

(庶務)

第7条 委員会の庶務は、企画財政課において処理する。

(その他)

第8条 この規程に定めるもののほか、委員会の運営について必要な事項は、委員長が委員会に諮って定める。

附 則

この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月12日訓令第2号)

この訓令は、平成24年4月1日から施行する。

大河原町契約業者等選定委員会規程

平成19年4月1日 訓令第1号

(平成24年4月1日施行)

体系情報
第6編 務/第1章 財産・契約
沿革情報
平成19年4月1日 訓令第1号
平成24年3月12日 訓令第2号