○大河原町例規文書の書式等に関する規程

平成18年12月4日

訓令第16号

大河原町公用文の書式等に関する規程(昭和52年訓令第2号)の全部を改正する。

(目的)

第1条 この規程は、例規文書の書式等に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(定義)

第2条 この規程における例規文書とは、次に掲げるとおりとする。

(1) 法規文書

 条例 地方自治法(昭和22年法律第67号)第14条及び第16条の規定に基づき、町議会の議決を経て制定し、町長が公布するもの

 規則 地方自治法第15条及び第16条の規定に基づき、町長が制定し、公布するもの

(2) 公示文書

 告示 法令等の規定又は権限に基づいて処分し、又は決定した事項その他一定の事項を、町内一般又は一部に対して公示するもの

 公告 法令等の規定によらない一定の事項を、町内一般又は一部に対して公示するもの

(3) 令達文書

 訓令 町長その他の執行機関の長が、所属機関に対し、権限の行使について指揮するために発する命令で、基本的事項を内容とするもの

 通達 上級者が、指揮監督権に基づき、所属の機関又は職員に対し、職務執行上の細目的事項等について指示し、又は命令するもの

 指令 個人、団体、法人等からの申請、出願その他の要求に基づいて許可、認可、不許可等の処分、指示又は命令するもの

(例規文書の形式)

第3条 例規文書の形式は、概ね別記の基準によるものとする。

附 則

この訓令は、平成19年1月1日から施行する。

画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像

大河原町例規文書の書式等に関する規程

平成18年12月4日 訓令第16号

(平成19年1月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第3節 文書・公印
沿革情報
平成18年12月4日 訓令第16号