○大河原町障害者通所援護施設規則

平成7年3月31日

規則第27号

(目的)

第1条 この規則は、大河原町障害者通所援護施設条例(平成17年条例第29号。以下「条例」という。)第15条に基づき、大河原町障害者通所援護施設(以下「通所援護施設」という。)に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(申請)

第2条 通所援護施設を利用しようとする者又は保護者は通所申請書(様式第1号)を町長に提出し、承認を受けなければならない。

2 町長は、前項の申請書を受理したときは、通所の可否を決定し、通所承認(不承認)通知書(様式第2号)により、申請者に通知するものとする。

(退所届)

第3条 通所援護施設を退所しようとするときは、退所届(様式第3号)を町長に提出しなければならない。

(指定管理者に管理を行わせる場合の読替え)

第4条 条例第12条の規定に基づき、指定管理者に通所援護施設の管理を行わせる場合にあっては、第2条及び第3条中「町長」とあるのは「指定管理者」とする。

(その他)

第5条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成17年12月21日規則第33号)

(施行期日)

1 この規則は、平成18年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 指定管理者に通所援護施設の管理を行わせる場合においては、当該管理を行わせる日前に町長がした行為は、指定管理者がした行為とみなす。

附 則(平成20年10月29日規則第25号)

この規則は、平成20年11月1日から施行する。

画像

画像

画像

大河原町障害者通所援護施設規則

平成7年3月31日 規則第27号

(平成20年11月1日施行)