○大河原町軽度生活援助事業実施要綱

平成12年4月1日

告示第23号

注 平成26年4月から改正経過を注記した。

(趣旨)

第1条 この要綱は、大河原町が実施する軽度生活援助事業(以下「事業」という。)の実施について必要な事項を定めるものとする。

(目的)

第2条 この事業は、日常の生活を営むのに支障がある一人暮らし高齢者及び二人暮らし高齢者に対して、家事等の軽易な生活援助や健康に関する助言等(以下「家事援助等」という。)、又は家周りの清掃や整理整頓等(以下「家周りの援助」という。)を行うことで、当該高齢者が自宅での自立に向けた生活を可能にするとともに、要介護状態の発生又は悪化を防止していくことを目的とする。

(事業内容)

第3条 事業内容は、次に掲げる家事援助等及び家周りの援助とする。ただし、田畑の耕作など生産的活動にかかる援助や大掃除などにかかる日常的でない援助、来客接待など身の周りの世話に属さない援助は除く。

(1) 家事援助等

 食事・食材の確保

 生活必需品の買物

 住居等の掃除及び整理整頓

 布団干し及びクリーニングの洗濯物搬出入

 生活上必要な関係機関等との連絡

 栄養管理に関する助言等

 健康管理に関する助言等

 その他特に必要と認められる家事援助等

(2) 家周りの援助

 庭、生垣、庭木等の簡易な手入れ

 家周りの清掃及び整理整頓

 その他特に必要と認められる家周りの援助

(3) その他必要な援助

(実施主体)

第4条 この事業の実施主体は、大河原町とする。

(利用対象者)

第5条 利用対象者は、町内に居住するおおむね65歳以上の一人暮らし高齢者及び二人暮らし高齢者で、次の各号のいずれかに該当する者とし、あらかじめ利用の登録を受けた者とする。

(1) 家事援助等及び家周りの援助を受けられる者は、要介護認定の結果で要支援、要介護状態と認定されない者であって、加齢、虚弱、傷病等の理由や社会的要因などにより、日常生活を営むのに支障がある者とする。

(2) 家周りの援助のみ受けられる者は、世帯全員が要介護認定の結果で要支援、要介護状態と認定された者で、家周りの援助により日常生活の支障に対する軽減が図られる者とする。

(3) その他町長が特に必要と認める者

(登録の申請)

第6条 前条の登録を受けようとする者は、軽度生活援助登録申請書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。

2 町長は、前項の登録申請を受理したときは、当該登録を受けようとする者の状況等を調査し、登録の可否を決定するものとする。

3 町長は、前項の規定により登録の決定をしたときは、軽度生活援助利用対象者台帳(様式第2号)に登録するものとする。

(決定の通知)

第7条 町長は、前条2項の規定による登録の可否を決定したときは、当該申請者に対し、軽度生活援助登録利用決定(却下)通知書(様式第3号)により通知するものとする。

(登録の抹消及び通知)

第8条 町長は、登録を受けた者(以下「利用者」という。)が第5条に規定する要件に該当しなくなったときは、当該登録を抹消するとともに、その旨を軽度生活援助登録廃止決定通知書(様式第4号)により利用者に通知するものとする。

(利用者の届出)

第9条 利用者は、入院等により利用を中止する必要があるとき、または転出等により利用の必要がなくなったときは、軽度生活援助利用異動届(様式第5号)により速やかに町長に届け出なければならない。

(利用)

第10条 家事援助等及び家周りの援助の利用は、原則として週1回(日曜日及び年末年始を除く。)とし、利用時間は1回あたり1時間とする。ただし、家周りの援助については、1回に複数週分の利用時間をまとめて利用できるものとする。

2 利用時間は、午前9時から午後4時までとする。ただし、特別な事情があるときは利用時間を変更することができる。

(利用者の負担)

第11条 家事援助等を受けた者は、利用1時間あたり350円を負担するものとする。ただし、町長が特に必要と認めたときは、減免することができる。

2 利用者の負担金は、月単位で計算し、負担額に当該1カ月間の軽度生活援助利用時間数を乗じて得た額を翌月末までに納入しなければならない。

(平26告示47・一部改正)

(委任)

第12条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附 則

この告示は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成15年4月1日告示第43号)

この告示は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成26年4月1日告示第47号)

この告示は、平成26年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

大河原町軽度生活援助事業実施要綱

平成12年4月1日 告示第23号

(平成26年4月1日施行)