○大河原町学校給食センター運営に関する規則

昭和57年3月12日

教委規則第4号

(目的)

第1条 この規則は、大河原町学校給食センター条例(昭和52年条例第26号。以下「条例」という。)第11条の規定に基づき、大河原町学校給食センター(以下「給食センター」という。)の適正な運営を図ることを目的とする。

(任務)

第2条 給食センターは、学校給食法(昭和29年法律第160号。以下「法」という。)及び関係法令に基づき、厳密細心な保健衛生管理を保持しながら完全給食の調理をし、学校給食の万全を期さなければならない。

(給食の回数)

第3条 学校給食の回数は、大河原町学校給食運営審議会(以下「審議会」という。)の答申に基づき教育委員会が定める。

(給食費の額)

第4条 法第6条第2項の規定による給食費は、審議会の答申に基づき教育委員会が定める。

(給食費の集金及び納入)

第5条 給食費は、学校長が保護者から集金する。

2 給食費の集金方法は、学校長が定める。

3 学校長は、第1項の規定により集金した給食費を、町長が発行する納入通知書(様式第1号)により指定する金融機関に納入しなければならない。

(給食費の日割計算等)

第6条 給食費について、次の各号の1に該当するもので第7条第2項の報告があったものについては、給食を受けた日数に応じ日割計算により徴収又は還付できるものとする。

(1) 児童生徒の死亡、転出又は転入による場合

(2) 児童生徒が病気、事故及びその他の事由により給食を受けない日が引き続き5日以上の場合

2 教育長は、前項に定める計算内容を学校給食費の明細通知書(様式第2号)により保護者に通知するものとする。

3 学校長は、第1項第1号の事実が生じた時は、様式第3号によりすみやかに学校給食センター所長(以下「所長」という。)に通知するものとする。

4 学校長は、第1項第2号の事実が生じた時は、様式第4号によりすみやかに所長に届出なければならない。

(給食人員の報告)

第7条 学校長は、毎月15日までに、翌月における給食を受ける予定人員を様式第5号及び様式第6号により、所長に報告しなければならない。

2 学校長は、翌週における給食を受ける予定人員に変更がある場合は、毎週水曜日までに所長に報告しなければならない。

(献立表、給食日誌の作成)

第8条 学校栄養職員は、毎月25日までに翌月における学校給食献立表を作成し、学校長を通じて児童生徒に配付するものとする。

2 学校栄養職員は、給食日誌を作成し、記載事項について教育総務課長の後閲を受けるものとする。

(給食用物資の発注)

第9条 所長は、学校給食献立表により翌週における給食用物資を毎週水曜日までに指定する業者に発注するものとする。

(業務の委託)

第10条 調理、運搬及びボイラー運転の各業務は、他の者に委託することができる。

附 則

この規則は、昭和57年4月1日から施行する。

附 則(平成7年3月6日教委規則第3号)

この規則は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成7年3月28日教委規則第6号)

この規則は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成11年4月30日教委規則第3号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年1月26日教委規則第2号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年3月27日教委規則第3号)

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成21年3月25日教委規則第8号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

大河原町学校給食センター運営に関する規則

昭和57年3月12日 教育委員会規則第4号

(平成21年4月1日施行)