○大河原町防犯指導員規則

平成8年3月27日

規則第2号

注 平成23年6月から改正経過を注記した。

(目的)

第1条 この規則は、大河原町防犯指導員条例(平成8年条例第4号)に基づき、大河原町防犯指導員(以下「指導員」という。)に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(編成)

第2条 指導員は、次の構成により隊を編成する。

隊長 1名

副隊長 1名

班長 3名

隊員 10名

2 隊長、副隊長及び班長は、指導員の中から町長が命ずる。

3 隊長は、町長の指揮監督のもとに隊員を統率し、隊務を総括する。

4 副隊長は、隊長を補佐し、隊長に事故あるとき又は隊長が欠けたときは、その職務を代理する。

5 班長は、上司の命令に従い隊員を指揮する。

6 隊員は、上司の命令に従い職務に従事する。

(勤務)

第3条 指導員は、町長の定める出動計画に基づき、その職務に従事するもののほか、緊急に防犯活動の必要があると認められる場合には、その職務に従事するものとする。

2 指導員は、職務に従事する場合には、制服を着用しなければならない。

3 指導員は、第1項の規定により勤務したときは、出動日誌(様式第1号)を、すみやかに隊長を経由して町長に届け出なければならない。

(報酬の支給方法)

第4条 報酬の支給の方法については、特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償等に関する条例(昭和31年条例第7号)の例による。

(定年等)

第5条 指導員は、定年に達した日以後における任期満了の日に退職するものとし、満年齢73歳をもって定年とする。

2 指導員が退職しようとするときは、あらかじめ文書をもって町長に願い出て、その許可を得なければならない。

(平23規則18・平27規則4・一部改正)

(会議)

第6条 隊長は、指導隊の円滑な運営を図るため、必要に応じ町長の許可を得て会議を招集することができる。

2 前項の会議は、班長以上の幹部会議と指導員会議とする。

(遵守事項)

第7条 指導員は、次の各号に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 指導員は、防犯活動において自ら他の模範となるよう努めなければならない。

(2) 防犯活動にあっては、法令を守り、奉仕の心をもってあたらなければならない。

(3) 防犯活動にあたっては、警察官の権限を侵すような紛らわしい行為をしてはならない。

(4) 職務上知り得た秘密を他に漏らしてはならない。その職を退いた後も同様とする。

(5) 貸与品は大切に管理し、職務以外に使用したり、他の者に貸与してはならない。

(貸与品の種類)

第8条 指導員に対する貸与品の種類及び員数は、別表のとおりとする。

2 貸与品は、現品をもって支給する。

3 貸与品をやむを得ない事由により、き損又は忘失したときは代品を交付する。

4 指導員がその職を退いたときは、すみやかに貸与品を返納しなければならない。

(委任)

第9条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、町長が定める。

附 則

この規則は、平成8年7月1日から施行する。

附 則(平成14年3月29日規則第12号)

この規則は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成23年6月29日規則第18号)

この規則は、平成23年7月1日から施行する。

附 則(平成27年3月27日規則第4号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

別表(第8条関係)

品目

員数

品目

員数

夏制服(上下)

1着

警笛

1個

冬制服(上下)

1着

白手袋

1双

帽子

1着

腕章

1枚

ネクタイ

1本

懐中電灯

1個

ベルト

1本

防寒服

1着

防犯ベル

1個

ショルダーバック

1個

画像

大河原町防犯指導員規則

平成8年3月27日 規則第2号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第6節 交通安全対策等
沿革情報
平成8年3月27日 規則第2号
平成14年3月29日 規則第12号
平成23年6月29日 規則第18号
平成27年3月27日 規則第4号